ぶろぐ @ どんぐりころころ

四季折々の自然の変化に勢いを貰いながら毎日を過ごしています。

日々の中で見た事、聞いた事、そして現実にあった出来事などをブログで紹介したいと考えています。

オミナエシ (女郎花 )

いつの季節でも黄色い花はよく目立つ。


今の時期では花数は少ないが 「山吹の二番花」 も
一重、八重にかかわらず咲いていると
その傍に止まって眺めてしまう。


農家の敷地内では 「オミナエシ」 の黄色さが
秋空に映えて一段と目を引き立たせてくれる。


秋の七草の一つでもあるこの花だが
あまり興味を示さない人ばかりかもしれない。<br><br>


かつて妻と秩父路を歩き
 「真性寺」 境内に咲くオミナエシを楽しんだことがあった。


私が住んでいるこの辺りでも
あまりオミナエシを見かけないが
この花は沖縄をのぞく日本全土および
中国から東シベリアにかけて分布しているとのことだから
日本では万葉の昔から愛されているポピュラーな花だ。


オミナエシの花言葉は 「約束を守る」 とか? 
この花らしい深みのある意味を秘めているようだ。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。