ぶろぐ @ どんぐりころころ

四季折々の自然の変化に勢いを貰いながら毎日を過ごしています。

日々の中で見た事、聞いた事、そして現実にあった出来事などをブログで紹介したいと考えています。

ヒマラヤスギ の マツボックリ

今日は不思議な格好をした物を見ました。<br><br>


始めて行った公園を歩いていたら
枝の上に何やら大きな卵のような物がありました。


それはかなり樹齢を重ねた太い木ですが
幸いにも 「ヒマラヤスギ」 の名札が付いていました。


 「何だろうな?」 と
家に帰ってからネット検索したら
それは 「ヒマラヤスギの若い球果 (実)」 でした。


ヒマラヤスギはマツ科の木なので
これは 「マツボックリ」 とも呼んでよさそうです。


やがて成熟して地上に落ちると
私たちが見慣れた 「マツボックリ」 と
そっくりの形になるそうです。


その形がバラの花を思わせるので
 「シダーローズ」 とも呼ぶようです。


落果するのは冬のようなので
その時期にはまたその公園に行くつもりです。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。