ぶろぐ @ どんぐりころころ

四季折々の自然の変化に勢いを貰いながら毎日を過ごしています。

日々の中で見た事、聞いた事、そして現実にあった出来事などをブログで紹介したいと考えています。

花期の永い 「 ウキツリボク (浮釣木)」

妻と散歩中
ある民家のフェンスから歩道側に飛び出して
咲いているのは  「ウキツリボク」 だった。


この花の開花時期は3月から9月くらいまでらしいが
10℃以上あれば冬でも花が咲くらしい。


そのように花期が永いから
私のカメラにとっては年間通じて良き被写体である。


また不思議な形をした花で
葉の脇から長い花柄を垂れ下がらせて
赤い筒状の萼 (がく) が特徴で
ランプをぶら下げたような形の色の花を咲かせるので
そのため、流通名を 「チロリアンランプ」 とも言う。


和名である 「ウキツリボク」 は
花が空中に浮かんでつり下がっていることがその由来らしい。


この奇妙な花姿を見ていると
何故か、時がすぐ経ってしまうが
いつも親しみのある良き花でもある。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。