ぶろぐ @ どんぐりころころ

四季折々の自然の変化に勢いを貰いながら毎日を過ごしています。

日々の中で見た事、聞いた事、そして現実にあった出来事などをブログで紹介したいと考えています。

ムラサキシキブ

今日で 「ムラサキシキブ」 のタイトルで投稿するのは四回目になるが
どうも私はこの 「紫色の小珠」 の虜になっているようだ。


私たちが散歩しているコースでは
数カ所、このムラサキシキブを見ることができる。


それは民家の庭や
または路肩の植え込みであったりする。


だがよくよく見ると場所毎に違うように見える。
紫色だが、同じような色合いでは無いのはどうしてだろうか?


その場所の土の成分は違うはずだから
その違いが紫色の変化に影響しているのだろうか?


だが、このムラサキシキブは何処で見ても
鮮やかで一個一個が光輝いている。


今日はある民家のフェンスで
このムラサキシキブを見つけました。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。