ぶろぐ @ どんぐりころころ

四季折々の自然の変化に勢いを貰いながら毎日を過ごしています。

日々の中で見た事、聞いた事、そして現実にあった出来事などをブログで紹介したいと考えています。

ムラサキシキブ

今日午前、降りしきる雨の中を歩いた。

毎日、散歩しているとこのような雨の中でも歩きたくなるが
それは体が無意識の内に求めているのだろう。

いつものコースを歩いていると
何処にどのような草花や樹木があるのかは
これまた自然の成り行きとして
私の性能が落ちた脳細胞でも憶えているようだ。

今日、その脳細胞のお目当ては 「ムラサキシキブ」 だった。

ところでこのムラサキシキブのことを私は誤って憶えていたようだ。

秋になると小さな紫色のたくさんの玉が見えるが
それを私は 「花」 だと思っていたが
実はそれは 「果実」 であることを知った。

私の散歩コースではこのムラサキシキブがあるのは一箇所だけ。
今日そのムラサキシキブを見たら
蕾と花を同時に見ることができた。

名前の由来は平安時代の女性作家 「紫式部」 だが、
この植物にこの名が付けられたのは
もともと 「ムラサキシキミ」 と呼ばれていたそうで
 「シキミ」 とは
 「重る実 (実がたくさんなる)」 という意味とのことです。

秋になったらその紫色の 「ムラサキシキブの果実」 を
ご紹介したいと思ってます。

   

  

  

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。